qrcode.png
http://f-247jc.jp/
モバイルサイトにアクセス!
 
公益社団法人 福島青年会議所
〒960-8041
福島県福島市大町2-5
TEL.024-521-1635
FAX.024-505-0115
 
127596
 

活動報告

 

最新報告・事業情報

最新報告・事業情報
フォーム
 
5月例会・講師講演会
2022-05-31
5月31日(火)
エルティ ウェディング・パーティ エンポリアムにて5月例会を開催致しました。
 
講師講演会では、公益社団法人春日井青年会議所直前理事長であり、臨済宗妙心寺派泰岳寺副住職 泰丘良玄様をお招きし、
「どう活かす禅的マインド」という演題で、経営が仏教語というお話から、著名な経営者と禅、ご自身のJC活動と禅についてお話しいただきました。メンバーの皆様の今後のJC活動や自社の経営についての学びがあったのではないかと思っております。また、メンバーに坐禅を体験していただきました。講師もお話されていたように一日一回でも坐禅を実践していただく良い機会となれば幸いです。
 
4月例会・講師講演会
2022-04-26
4月26日(火)
エルティ ウェディング・パーティ エンポリアムにて4月例会を開催致しました。
 
講師講演会では、株式会社Sleep one 代表取締役社長 大槻 美恵子様をお招きし、
「自分自身という資産を守るために~睡眠負債は必ずお返しいたしましょう~」という演題で、
日頃我々が蔑ろにしがちな睡眠についての重要性と質向上について、熱くご講演いただき、
メンバーの気づきと学びの一つとなることが出来たと思います。
 
 
3月例会・講師講演会
2022-03-22
3月22日(火)
エルティ ウェディング・パーティ エンポリアムにて3月例会を開催致しました。
 
講師講演会では、福島スポーツエンタテインメント株式会社 代表取締役社長 
西田創様に「識学」という、人の意識構造に基いたマネジメント理論について
ご講演いただきました。
識学を導入することで、事実に対する認識のズレによる誤解や錯覚の無い組織へと変革することができる。
そして、組織運営上の問題の解決や生産性の向上に繋がるというお話を具体例を用いてお話しいただき、
メンバーの組織運営においての学びの一つとなることが出来たと思います。
 
 
 
2月例会・講師講演会
2022-02-22
2月22日(火)
エルティ ウェディング・パーティ エンポリアムにて2月例会を開催致しました。
 
講師講演会では、日本銀行福島支店支店長の植田リサ様を講師にお迎えし、
「日本経済・福島県経済の現状と先行き」をテーマに、具体的事例をあげていただきながら、福島の経済の発展に向けて重要なこと等について分かりやすくお話しいただきました。
後半は、情野理事長との対談の形をとり、質問に対して植田様にご回答いただき、世界経済から見る日本経済・福島県全体の復興から見る福島市の復興・福島市のポテンシャルについて・組織が多様性を包摂するためには、といった質問についてお答えいただきました。
メンバーも一青年経済人として、日本経済と福島の経済を改めて学ぶ良い機会となりました。
 
 
 
定時総会/1月例会/OB・現役合同新年会
2022-01-25

1月25日(火)エルティ ウエディング・パーティー エンポリアムにて

定時総会、1月例会及びOB・現役合同新年会を開催いたしました。

 

2022年度の新理事長・情野裕仁君が第59代理事長に就任いたしました。

「隗より始めよう~不安を感じるな、危機感を感じろ~」をスローガンに掲げ、2022年度の新たな一歩を踏み出す力強いご挨拶をいただきました。

 

例会の後には「2022年度OB・現役合同新年会」を実施致しました。

新型コロナの感染拡大がかつてないほど増加している状況を踏まえ、皆様と地域の安心・安全のため、式典のみの開催となりましたが、ご多用の中、ご臨席賜りましたご来賓の皆様、OBの皆様に、感謝申し上げます。

これから一年間どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

本年度総務・人財育成委員会での1回目の設えとなり、皆様のご協力のお陰で、時間丁度に終了することが出来ました。

重ねて御礼申し上げます。

   
福島魅力発見の旅
「信夫山パークランニングレースから始まるふくしまの魅力発信動画事業」の動画配信を開始しました。
 
本事業は信夫山をはじめ魅力ある福島市内の観光資源がまだ認知しきれていないこと、また新型コロナウイルスの影響で依然観光客減少に陥っているなか、コロナ禍でも福島市の魅力を認知してもらうことを目的としております。
 
2020年8月22日(土)に動画撮影のためのロケを市内各地で行い、当日は3名の市内中学校に通う生徒様に出演いただき、福島青年会議所の事業紹介のほか、市内の観光資源を紹介する映像を撮影し、福島の良さの数々を視聴して実感できる動画になっております。
 
フォーム
 
活動報告 川俣町社会福祉協議会の災害時協定締結式
6月23日(火)
 
3月例会より新型コロナウィルスの影響で延期されておりました福島青年会議所と川俣町社会福祉協議会の災害時協定締結式を行いました。
 
植樹式
2020年6月7日(日)信夫山太子堂公園にて、植樹式を開催いたしました。
 
新型コロナウィルス感染予防のため、関係者に限った開催ではございましたが、福島のソーシャルストックである信夫山の彩り、そしてふるさとの魅力発信につなげられたのではないかと感じております。
市長から頂戴しましたご挨拶の中でも、花も実もある福島を伝える事業としての期待の言葉をいただきました。
 
パークランニングレースを行えませんでしたが、本事業の核である植樹が途切れることなく本年も実施いたせたことに感謝申し上げます。
 
5月例会
5月26日(火)新型コロナウイルスの影響を受け、オンライン例会を開催しました。
 
準備に携わった持続可能な組織づくり委員会と事務局のメンバーは久方ぶりの活動を楽しんで設営しました。
 
第8回信夫山パークランニングレース大会中止のお知らせ
第8回信夫山パークランニングレース2020~信夫山を桃色に染めよう!~(以下本大会)へのご参加、ご支援、ご協力をいただきました皆様に、心より感謝を申し上げます。
 
今年も本大会の開催に向けて様々な企画・準備を進めてまいりました。
しかしながら新型コロナウイルスの問題が発生してから状況は一向に改善の兆しが見えず、更なる感染拡大の危険性が増している状況です。
 
そこで大会を主催する福島青年会議所および共催となる実行委員会との間において協議を重ねた結果、大変残念ではございますが今年6月7日に開催を予定していた大会の中止を決定いたしました。
開催を楽しみにお申込みいただいたランナーの皆様、準備を共に進めていただいたスタッフ・ボランティアの皆様、ご支援・ご協力をいただいた協賛・協力各社の皆様、大会を支えていただいた多くの皆様に深くお詫び申し上げます。
大会中止の理由としては以下の通りでございます。
 
【大会中止の理由】
①新型コロナウイルス問題の終息の見通しが立たないこと
②全国各地より参加者が集まり、感染リスクが高まる可能性があること
③会場への移動手段にシャトルバスを運行しており、密室内での感染リスクが高まること
④屋外イベントにおいても、テント等の人が集まる場所での感染リスクが指摘されていること
すでに開催に向けた各種費用が発生しているため、申込規約の通り参加者への返金対応は行なわない予定でしたが、参加申込期限前の中止の為、本大会につきましては参加登録された皆様への返金を行いたいと考えております。また、開催の為にご協賛をいただきました企業様に対しても、協賛金の返金を行いたいと思います。返金につきましては、以下の方法で順次行ってまいります。
 
【参加料の返金方法】
・ランネットからお申し込みの方…WEBポイントにて参加費を還元いたします
※WEBポイントはランネット上で使用出来るWEBマネーになります
※ランネット以外からお申し込みの方は登録情報を元に個別に連絡し対応いたします
 
【協賛金の返金方法】
各企業様へ電話連絡をさせていただき、対応方法を確認させていただきます

最後に、本大会は中止となりましたが、私たちの誇りである福島・信夫山の地で、来年こそは皆様と笑顔でお会いできますことを願い、次回開催に向けて計画を進めたいと思います。
新型コロナウイルスに伴う状況が1日でも早く良くなることを祈願しつつ、皆様のご健勝を心よりお祈り申し上げます。

お問い合わせは、下記メールアドレスまでご連絡をいただければ幸いです。
 
参加者問合せ先:(公社)福島青年会議所 持続可能なまちづくり委員会副委員長 仲村 348@247jc.jp
協賛企業問合せ先:(公社)福島青年会議所 sec@247jc.jp
主催:(公社)福島青年会議所/共催:信夫山パークランニングレース実行委員会
 
2月例会
2020年2月25日(火)、ウェディングエルティにて2月例会を開催しました。
 
3行の銀行様からパネルディスカッションのために来ていただき、銀行から見た経済の動かし方・良い会社悪い会社について学ぶ貴重な機会となりました。
 
 
<<公益社団法人 福島青年会議所>> 〒960-8041 福島県福島市大町2-5
当サイトに掲載された画像その他の内容の著作権は公益社団法人福島青年会議所に帰属し、無断転載をお断りします。 TEL:024-521-1635 FAX:024-505-0115